数字で知るURコミュニティ

数字を知ると会社がわかる。URコミュニティの特長をご紹介します。

全国74万戸のUR賃貸住宅を管理

UR賃貸住宅は日本最大規模の住宅ブランド。地域にしっかり
と根づきながら、そこに住まう方々の快適な暮らしを支えて
います。

UR都市機構の100%子会社

UR都市機構という安定基盤のもと、UR賃貸住宅に入居され
ているお客様のもっとも近いところで働いているのが私たちです。

財団法人住宅管理協会から40年以上の長い歴史

財団法人住宅管理協会が30有余年に渡って築いたUR賃貸住宅の管理業務のノウハウを引き継ぎ、UR都市機構と一体となって、管理業務を実施しています。

快適な暮らしをサポートするため全国27箇所に住まいセンターを設置

北海道から九州まで、各地に「住まいセンター」を設置。きめ細やかなサービスの提供を可能にしています。

お住まいの皆様のコミュニティ形成等のための5つの支援活動

多彩な支援活動を通して、お住まいの皆様のコミュニティづくりや居住環境の向上をサポートしています。

URコミュニティ従業員数 2,006名(2018年10月1日現在)

大切なのは社員一人ひとりの力。キャリアに合わせた研修や、資格取得のサポート制度など、確実に成長できる環境が整っています。

URコミュニティ男女比(女性18%、男性82%)(2017年12月現在)

男性社員はもちろん、管理職として活躍している女性社員もいます。女性の活躍を推進すべく、積極的に女性社員の採用をしていきたいと考えています。

社員定着率 98.3%(2015年~2017年度)

役職に関わらず率直に意見を出し合える風通しの良い職場だからこそ、社員の多くがワークライフバランスを実現し、高い定着率につながっています。

年間休日数121日(2017年度)

土日祝日や年末年始(6日間)それに夏季休暇(7日間)を合わせ130日近い休日数を確保。その他に年次有給休暇もあるので、ONOFFを上手に切り替えて働ける環境が整っています。

職種の割合

事務系総合職55% 技術系総合職45%(2017年12月現在)

多様な専門性を活かし、職種の壁を越えて社内コミュニケーションが活発なのがURコミュニティの特徴。お互いを支えあう社風が息づいています。

平均残業時間 17時間/月(2017年度)

仕事帰りには社員同士で食事や飲みに行くなど、アフター5のコミュニケーションも活発。ワークライフバランスの取れた企業をめざしています。