新卒 募集要項

募集条件や採用フロー、福利厚生などをご紹介します。

応募資格について教えてください。
2020年3月に大学を卒業する見込み、もしくは大学院修士課程を修了する見込みの方で、かつ職歴のない方です。なお、公的資格(宅地建物取引士・建築士など)は応募の条件としていません。
会社説明会への参加は選考に関係ありますか。
会社説明会に参加しなかったからといって、今後の採用選考上不利に働くことはありません。
勤務地を限定した採用を行っていますか。
行っておりません。いずれの職種においても、全員を総合職として採用しますので、勤務地も全国の住まいセンター及び本社等となります。ただし、入社後については、育児等をしながら就業する女性社員の支援をするなど、社員の家庭の事情等への配慮は行っております。
どのような職種を募集していますか。
事務職・建築職・土木職・造園職・機械(建築)設備職・電気設備職の6職種です。いずれも総合職としての採用となります。事務職以外の技術系職種については、専門知識が必要となりますので、それぞれ専門分野を履修されていることが望まれます。
技術系の職種について担当業務を詳しく教えてください。
技術職は、UR賃貸住宅の維持管理業務におきまして次の専門性を持って活躍していただきます。

[建築職の担当する業務]
UR賃貸住宅の住戸内の維持管理や改修に係る設計・積算・発注・工事監理等の業務を実施するほか、UR賃貸住宅の修繕・リニューアルや耐震改修等の設計・積算・発注・工事監理等の業務を担当します。
[土木職の担当する業務]
UR賃貸住宅の屋外空間及び団地敷地内下水道等施設、遊具等の維持管理や改修に係る設計・積算・発注・工事監理等の業務を担当します。
[造園職の担当する業務]
UR賃貸住宅の屋外空間及び団地敷地内の植栽等の維持管理や改修に係る設計・積算・発注・工事監理等の業務を担当します。
[機械(建築)設備の担当する業務]
UR賃貸住宅の給排水衛生設備・空調・消防・ガス施設の維持管理や改修に係る設計・積算・発注・工事監理等を担当するほか、リニューアル改修等の設計・積算・発注・工事監理等の業務を担当します。
[電気設備職の担当する業務]
UR賃貸住宅の電気・通信・情報・エレベーター・共用灯等の維持管理や改修に係る設計・積算・発注・工事監理等を担当するほか、リニューアル改修等の設計・積算・発注・工事監理等の業務を担当します。
ジョブローテーションはどうなっていますか?
概ね、2〜3年に一度人事異動があります。これは、様々な部署を経験することで、会社全体の業務への理解を深めてもらい、その経験を通して知識とスキルを高めていただきながら、各個人の個性を少しづつ見出せるようにしたいという考え方に基づいています。
引越しを伴う異動の場合の住宅はどうなりますか?
全国に事務所がありますので、引越しを伴う異動の可能性は一定程度あります。そのため、引越しを伴う異動の場合は、借上住宅制度が適用され、家賃等の概ね8割を会社で負担いたします。
女性の割合はどれぐらいですか。
社員全体でみると女性の割合は18%程度ですが、これから女性の活躍を推進すべく、更に積極的に女性社員の採用をしていきたいと考えております。
女性も活躍できますか。
現在、管理職として活躍している女性社員もいます。今後も、更に女性が活躍できる職場環境を目指しています。
出産後も子育てをしながら働く社員はいますか。
ほとんどの女性社員が出産後も職場に復帰し、子育てしながら働いています。子供が3歳に達するまで取得可能な育児休業、小学校に入学するまで取得可能な部分休業(時短勤務)等、子育てを支援する制度があり、多くの社員がそれらを利用しながら働き続けています。